現役行政書士が車・バイクの手続きをわかりやすく紹介します。現場の経験に基づいた解説をしていきます。

MENU

予備検査 [小型二輪]

予備検査とは

予備検査とは新規登録をする前に検査だけを運輸支局で受けて予備検査証を発行してもらうことです。予備検査証があれば新規登録をする際に検査を受けないで登録手続きを済ませられます。

販売店ですと完成検査修了証の有効期間の9ヶ月が過ぎてしまっていたり、輸入車でまだ一度も日本で登録していない車の場合には予備検査がよく利用されます。また、改造をした車両を予備検査を受けておくということも多いです。

最近では、ネットオークション等で売買された車両の引渡し方法として登録してからの引渡しではなく、予備検査を受けた状態での引渡しというのが多いようです。

予備検査の必要書類等

  1. 申請書(OCRシート1号様式)
  2. 完成検査修了証(新車の場合のみ)
  3. 通関証明書or輸入自動車特別取扱届出書(新車で輸入車のみ)
  4. 自動車検査証返納証明書(中古車のみ)
  5. 譲渡証明書
  6. 委任状
  7. 手数料納付書
  8. 自動車検査票 or 保安基準適合証
  9. 検査印紙

必要書類等の解説

申請書(OCRシート1号様式)

用紙販売所で購入します。20円です。新車の状態から改造等により諸元が変わる場合は2号様式も必要になります。

中古車を改造して自動車検査証返納証明書とは諸元が変わる場合は2号様式も必要になります。

完成検査修了証(新車)

完成検査修了証が発行されている車両の場合は有効期間が切れていても登録するときには必要になります。登録窓口にはコピーを提出します。

通関証明書or輸入自動車特別取扱届出書(輸入車)

輸入車で完成検査修了証の発行されない車両の場合に用意します。登録窓口にはコピーを提出します。

自動車検査証返納証明書

予備検査を受ける車のものを用意しましょう。登録窓口にはコピーを提出します。

譲渡証明書

新車で完成検査修了証が発行されている車の場合は譲渡証明書も兼ねているので別途用意する必要はありません。完成検査修了証のない輸入車の場合は輸入した方からの譲渡証明書が必要です。

中古車で自動車検査証返納証明書の名義人とは別の名義で予備検査を受ける場合に必要です。旧所有者の印鑑が押印されているもの。登録窓口にはコピーを提出します。

委任状

本人が予備検査を受けるなら認印を申請書に押印すれば委任状は必要ありません。予備検査証の発行を受ける名義人と手続きを行う方が違う場合は委任状を用意してください。

手数料納付書

検査印紙を貼付します。用紙販売所で無料でもらえます。

自動車検査票 or 保安基準適合証

自動車検査票は車両持込みで検査を受ける際に必要です。係員が検査内容を記載して合格印を押してもらって初めて有効な自動車検査票になります。用紙販売所で無料でもらえます。

指定整備工場(民間車検場)で保安基準適合証を発行されている場合は自動車検査票は必要ありませんし、車両を持ち込む必要もありません。

検査印紙

検査を受ける際の手数料です。

 申請手続きの流れ

まずは事前に検査の予約をしておきます。予約はこちら→自動車検査インターネット予約システム

用紙販売所で申請書と印紙を購入し書類を作成します

運輸支局で予約の確認を受けてから検査コースに入ります

検査コースの最後で合格印の押してある自動車検査票を受け取ります

一時抹消登録証明書や申請書などの必要書類と合格印のある自動車検査票を合わせて運輸支局の登録窓口に提出します

混んでいなければ、10分から20分ほどで予備検査証が発行されます

以上

ご質問・ご要望があればこちらへお願いします。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

スポンサードリンク

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.