現役行政書士が車・バイクの手続きをわかりやすく紹介します。現場の経験に基づいた解説をしていきます。

MENU

登録事項等証明書 [申請書記載例付き]

登録事項等証明書とは

登録事項等証明書は自動車の登録内容が記載されているもので、略して『登録証明』などと呼ばれたりします。車検証と同じ内容が記載されています。

また、車検証には記載されていない抵当権の有無や盗難届の有無、税金滞納による差押の有無などが確認できます。

登録事項等証明書には『現在登録事項等証明書』と『詳細登録事項等証明書』の2種類あります。現在登録事項等証明書は今現在の車検証の状態が記載されたもので、詳細登録事項等証明書は新車で登録したところから今現在の状態までの履歴が全て記載されています。

登録事項等証明書の取得方法

手数料納付書に登録印紙を貼り、3号様式に必要事項を記入して本人確認書類を提示しながら申請します。

3号様式(OCRシート)記入事項

自動車登録番号と車台番号

3号様式(OCRシート)の申請書に登録番号(ナンバープレート)と車台番号の下7桁を記入します。登録番号がわからない場合は車台番号の全桁を記入すれば取得できます。登録番号だけでは取得できません。

請求の事由

何のために必要なのかを具体的に記入します。
例)一時抹消及び名義変更の確認のため・・など

※却下されることのない請求理由を作成しましたので参考にしてください。

登録事項等証明書を取得する際に記入する理由

請求者の氏名及び住所

運輸支局の窓口に申請に行く方の個人の名前と住所を記入します。窓口で本人確認されますので運転免許証などを忘れずに持参しましょう。

手数料

  • 現在登録事項等証明書・・・1通につき300円
  • 詳細登録事項等証明書・・・1通につき1000円 (ただし履歴が多い場合は1枚追加されるごとに300円)

本人確認書類

運転免許証、健康保険証、住民基本台帳カードなど官公庁が発行する氏名及び住所が確認できる身分証明書のうちいずれかの書面をお持ちください。

現在登録事項等証明書の申請書記載例

gentourei_jpg手数料納付書見本

gentourei2_jpg3号様式OCRシート見本

PDFファイルで解説付きの記載例も作成しました。参考にしてください。

手数料納付書記載例・解説付

3号様式OCRシート記載例・解説付

登録事項等証明書でエラーになった際の扱いが変わりました。 2017年5月20日追記

2017年の5月中旬から今までと変更になった点があります。

今までは「登録番号と車体番号下7桁」で申請した際に登録番号が変更になっていたときは新しい登録番号が記載されたエラー文書をみせてもらうことができていましたが、今後は登録番号が変わっていることは教えてくれても新しい番号の記載された文書は見ることができなくなりました。

まあ、当然といえば当然かもしれませんね。今までも個人的には疑問を感じていた点ではありましたが、実際にはかなり助かっていたところでもあります。

特に名義変更が終わっているかの確認を取る際には新しい登録番号が重要でしたからお客様の要望に応えられなくなるのは残念です。

普通自動車

ご質問・ご要望があればこちらへお願いします。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

スポンサードリンク

普通自動車

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.