現役行政書士が車・バイクの手続きをわかりやすく紹介します。現場の経験に基づいた解説をしていきます。

MENU

いま乗っている車のナンバーを希望番号にしたいけど、どうすればいいの?

  • HOME »
  • »
  • いま乗っている車のナンバーを希望番号にしたいけど、どうすればいいの?

質問『いま乗っている車のナンバーを希望番号にしたいけど、どうすればいいの?』

よくある質問ですね。いま乗っている車のナンバーを希望ナンバーあるいは他のナンバーに変えるときの手続きは『番号変更』になります。

番号変更の手続きは管轄の陸運支局に車を持ち込んで登録します。
行政書士による出張封印を利用すれば自宅や勤務先の駐車場で封印をしてもらえますので、車を持ち込まなくても番号変更の手続きができます。

必要書類
  1. 車検証
  2. 所有者の委任状
  3. 手数料納付書
  4. 申請書(OCRシート3号様式)
  5. 希望番号予約済証(希望番号にしたい方)
  6. 自動車税・自動車取得税申告書

図柄入りナンバー(ラグビーナンバー)も選択できます

平成29年4月3日から約3年間の期間限定ですが、ナンバープレートにロゴマークや図柄の入ったものを選ぶことができるようになりました。

詳しくはラグビーナンバーの申し込みが始まりました。をご覧ください。

注意点

希望番号は作成するのに4日かかります

ただ違うナンバーにしたいだけなら都合の良い日に運輸支局へ行けば番号変更できますが、希望番号にしたいのならば事前に申し込みをしておかないといけません。希望番号は申し込みをしてから発行できるまで4日間(中2日)かかりますので注意してください。

希望番号の申込はこちらまで→→希望番号申込サービス

所有権付きに注意

必要書類は番号変更のページを参考にして頂ければ良いのですが、所有権がついているときには注意が必要になります。

車検証には所有者の欄と使用者の欄があり、ローンで車を購入すると担保として所有者をローン会社や自動車販売店(ディーラー)にすることがあります。これを所有権をつけるといいます。

問題になるのが番号変更の手続きには所有者の委任状が必要になることです。所有権のついていない車でしたら自分で車に乗って印鑑と少々のお金を持って運輸支局へ行けばなんとかなりますが、所有権付きの場合は事前に委任状を用意しておかないといけないのです。

所有者がローン会社の場合

ローン会社の場合は書類の発行業務を「登録管理ネットワーク」という会社に委託していて、さらに登録管理ネットワークは一部の書類発行業務を運輸支局内のナンバープレートを販売しているところ(標板協議会)に委託しています。

この登録管理ネットワークを利用しているローン会社でしたら事前に委任状を用意しなくても大丈夫です。ナンバープレートを販売しているところへ行って、番号変更したい旨を伝えて車検証を提示すれば番号変更用の委任状をその場で発行してくれます。

登録管理ネットワークに書類発行業務を委託していないローン会社ですと当日に委任状を発行してもうらことができないので事前に連絡して委任状を手配してもらいましょう。

所有者が自動車販売店(ディーラー)の場合

所有権が自動車販売店(ディーラー)の場合は事前に番号変更したい旨を連絡して委任状を発行してもらう必要があります。親切なディーラーでしたら番号変更の手続きもしてくれるかもしれません。

古いナンバープレートは返納しなければいけません

もともとついているナンバープレートは必ず返納しなければいけません。万が一盗難や紛失で返納できない場合は警察署に届け出た上でナンバープレートを返納できない旨や届出の受理番号等を記載した理由書が必要になります。

ナンバー紛失・遺失の理由書

軽自動車の場合

軽自動車の場合は番号変更は使用者の印鑑か申請依頼書が必要になります。所有権がついていても所有者の書類は必要ないので特に気にしなくて大丈夫です。

軽自動車 番号変更

それ以外の注意点は普通自動車と同じです。

Q&A

ご質問・ご要望があればこちらへお願いします。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

スポンサードリンク

Q&A

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.