現役行政書士が車・バイクの手続きをわかりやすく紹介します。現場の経験に基づいた解説をしていきます。

MENU

ナンバー再交付の引換証の期限が切れてしまったけど大丈夫ですか?

  • HOME »
  • »
  • ナンバー再交付の引換証の期限が切れてしまったけど大丈夫ですか?

質問『ナンバー再交付の引換証の期限が切れてしまったけど大丈夫ですか?』

ナンバープレートの再交付を申請したけれども修理が終わらずに、ナンバープレートの交換ができないまま1ヶ月の有効期間が経過してしまったけれどどうすればいいですか?という質問でした。

期限切れは無効

結論から申し上げるとナンバー再交付は受けられません。再交付の申請をしてから1ヶ月を過ぎると出来上がっていたナンバープレートを廃棄してしまうようです。

再申請が必要

1ヶ月の期限が切れてしまった場合は、再度ナンバー再交付の申請をしてナンバー代を支払って新しいナンバープレートが出来上がるのを待たなくてはなりません。

地域によって扱いに差があるかも

私は関東地方で行政書士をやっていますので関東運輸局の管轄であれば同じだと思いますが、関西方面は封印やナンバー再交付に関してかなりゆるい面がありますので期限が切れても連絡を入れておけば待っていてくれる可能性もあります。

修理が間に合わないのが分かった時点で確認の問い合わせを入れてみるのも良いかもしれません。

関西は後面でもナンバープレートを持ち帰れる!

これはすでに確認済なので確かな情報ですが、関西の運輸支局では後面のナンバープレートの再交付でも車を持ち込まずに新しいナンバープレートを持ち帰れるようです。

通常は後面の再交付の場合は車を運輸支局に持ち込んでナンバープレートを取り付けて封印をしてもらう必要があります。ナンバープレートの交換だけをしてもらうというのはできません。

それが関西の特に大阪では後面でもナンバープレートを交換してもらい、後日、最寄りの運輸支局で再封印をしてもらうという方法で手続きが可能なようです。

こんなにも地域によって差があるのはどうかと思いますが、関東でも同じ方法でできるようになるとかなり楽になりそうですね。

Q&A

ご質問・ご要望があればこちらへお願いします。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

スポンサードリンク

Q&A

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.