現役行政書士が車・バイクの手続きをわかりやすく紹介します。現場の経験に基づいた解説をしていきます。

MENU

車のローンを完済したので所有権解除したいのですが、どうすればいいですか?

  • HOME »
  • »
  • 車のローンを完済したので所有権解除したいのですが、どうすればいいですか?

質問『車のローンを完済したので所有権解除したいのですが、どうすればいいですか?』

よくある所有権解除の質問です。

通常ローンを組んで車を購入すると所有者が信販会社やディーラー(自動車販売会社)になります。購入者は使用者になることが多いのです。

ですので所有権を解除するまではこの車の所有者はあくまで信販会社やディーラーです。所有権がついたままですと、自分で勝手に住所変更や番号変更、抹消などができないという制限があります。

完済証明が送られてきたら

所有権解除ができる条件はローンが完済していることです。ローンを完済すると信販会社やディーラーから完済証明が送付されます。

完済証明が届いたら所有権解除の手続きができるようになります。

手続きの流れはどうなるかというと、完済証明と一緒に必要書類や書類の送付先が記載されている用紙が同封されているはずですので書かれている指示に従ってください。

一般的には車検証のコピーと印鑑証明書と委任状を送付することになると思います。

参考までにオリコとジャックスのURLを貼っておきます。

オリコ https://www.orico.co.jp/loan/autoloan/ownership/

ジャックス http://www.jaccs.co.jp/service/information/loan_kansai.html

所有者の書類の受け取り方

①印鑑証明書と委任状を所有者の信販会社や自動車ディーラーに送付したら、通常は所有者の「譲渡証明書」「印鑑証明書」「委任状」が送られてきます。
この場合は特に気にすることなく、届いた書類を持って陸運支局へ行き移転登録の書類を作成して登録手続をします。

②自動車ディーラーによっては所有権解除の手続を陸運支局へ代理で行ってくれるところもあります。手数料を取るところもあれば、無料のところもあるでしょう。そこはディーラーのサービス次第です。

ただ、この場合でも依頼するときには必ず自分の書類(使用者)を用意する必要はあります。新しく所有者になるので、印鑑証明書と委任状が必要になります。

③上記以外のパターンで、信販会社の委任状とともに書類発行の依頼書が届いて、陸運支局の現地の書類発行代理受託者(ナンバー屋など)から「譲渡証明書」「委任状」「印鑑ビラ」を受け取る方法もあります。

この場合には、所有権解除を希望する現使用者は陸運支局への登録用の印鑑証明書・委任状の他に、書類を発行してもらうのにも印鑑証明書・委任状を用意する必要があります。

要するに、印鑑証明書と委任状を2通ずつ用意する必要があります。

※車検証の住所と印鑑証明書の住所が異なる場合は、陸運支局への登録時には車庫証明書も必要になりますのでご注意ください。
※引越しをしている場合は信販会社やディーラーへ住民票の提出も必要になる可能性があります。

陸運支局へ登録手続するこが一番大事です

完済証明が送られてきて手続を開始し、譲渡証明書などの書類が送られてきたことで、もう手続が終わったと勘違いされる方がいるようです。

所有権解除とは陸運支局へ移転登録の手続をして始めて効果が発生するものです。

車検証の所有者欄が変わっていることを必ず確認しましょう。

陸運支局へ行くのを忘れていて、いざ車を売買したり下取りにだそうとしたときに、所有権がついたままだともう一度書類を発行してもらわなくてはなりません。

特に譲渡証明書は再発行できないでの、面倒な手続が再度必要になってしまうので、所有権解除の手続は途中でやめずに、車検証の名義変更までしっかり終えましょう。

Q&A

ご質問・ご要望があればこちらへお願いします。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

スポンサードリンク

Q&A

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.