現役行政書士が車・バイクの手続きをわかりやすく紹介します。現場の経験に基づいた解説をしていきます。

MENU

封印

封印とは?

封印とは普通自動車のナンバープレート後面の左上部分にあるアルミ製のキャップのようなもので、陸運支局で登録が終わると必ず装着されます。

封印がしてあるということが、正式に検査と登録が終わっていることの証明になりますので、必ず正しい位置に装着されていることを確認してください。

また封印がない状態での走行は警察の取り締まりの対象になりますので、いたずらされたり外れて紛失してしまったときなどは、早急に再封印の手続きを行いましょう。

封印の役割

封印があるとナンバープレートを外せなくなります。正しく装着すると封印の内側にナンバープレートを固定しているビスがある状態になりますので、ナンバープレートを外すには封印を壊すしかありません。

それにより、車の盗難を防ぐことに役立ちます。

ただ、軽自動車や二輪車には封印という制度がないにも関わらず、盗難の被害が尋常じゃなく多いなどということはないので、個人的な見解としては盗難防止の効果には疑問があります。

登録の正当性を客観的に判断するには良いのかもしれませんね。

漢字の意味

封印を近くでみると漢字が一文字刻印されているのがわかります。

これには意味があって、登録された管轄の都道府県の一文字になっています。

たとえば、「東」でしたら東京都で登録された車で、地名表示としては「品川」や「足立」などになります。

神奈川県なら「神」、千葉県なら「千」となります。

封印制度の弊害

封印があることによって、登録をするのに必ず住所地を管轄している陸運支局へ車両を持ち込まなければいけなくなっています。

どんなに遠くても車を運んでいって、登録をして封印をしてもらわなければいけないのです。

ご質問・ご要望があればこちらへお願いします。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

スポンサードリンク

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.