現役行政書士が車・バイクの手続きをわかりやすく紹介します。現場の経験に基づいた解説をしていきます。

MENU

所有者変更記録 [用語集]

所有者変更記録とは?

所有者変更と聞くと所有者を変更するから、移転や名義変更と同じ意味ではないかと思われるかもしれませんが、法律用語なので明確な違いがあります。

参考ページ
所有者変更記録の必要書類

所有者変更記録とは、一時抹消中の車を新規登録することなく所有者を変更することです。

所有者変更記録の登録をすると登録識別情報等通知書(一時抹消証明書)の備考欄に『一時抹消中所有者』として名前、住所とともにディーラーや自動車販売店であれば所有者コードも記載されます。

次に新規登録をするときは一時抹消中所有者の方からの譲渡証明書が必要になります。

メリット

新規登録・新規車検をとらなくても一時抹消のまま所有者が変わっていることを陸運局へ記録できますので税金や手数料がかかりません。

また、車庫証明書も必要ないので購入後すぐに所有者変更ができます。

紛失したときにも役に立ちます!

万が一登録識別情報等通知書(一時抹消証明書)を紛失してしまった場合にも所有者変更記録をしておいたことが救いになります。

登録識別情報等通知書(以下、通知書)を紛失してしまうと、次に新規登録をする際にその通知書に記載されている所有者から印鑑証明と実印を押印された譲渡証明書を再度もらう必要がでてきます。

直接のお客様や連絡の取れる方ならまだなんとかなりますが、一切関わりのなかった方で連絡をとる方法がまったくない場合は車が塩漬け状態になってしまいます。

そんなことになる前に所有者変更記録をしておけば、すべて自前の書類で処理できるので手間は増えますが書類が揃わないという最悪の事態はさけられます。

登録識別情報等通知書を紛失してしまった際の新規登録方法の詳しいことは下記ページで参照してください。

登録識別情報等通知書を紛失してしまった場合の登録方法

良く使われる場面

販売のために仕入れた車でも所有者が変わっていることの記録をディーラーやオークション会社からは求められます。

販売のために仕入た場合

販売のための仕入れでしたら売れるまで新規登録はしたくないでしょう。
でも、購入した会社からは陸運局への記録を求められます。

最近の業界の流れとしては一時抹消中の車ですぐに新規登録する予定のない車は所有者変更記録をした登録識別情報等通知書のコピーを提出することでOKなようです。

転売目的での購入

転売目的でしたら自社で登録するメリットは何もないでしょうし、仕入から転売までのスピードも早まるので所有者変更記録をすることのメリットは大きいでしょう。

コレクション目的

クラシックカーや思い入れのある車をコレクションとしてただ所有したいときなども所有者変更記録しておくことで毎年の税金をかけずに保有することができます。

デメリット

デメリットは特にありません。

ただ、所有者変更をしただけでは車検をとってないのですぐに公道を乗ることができないくらいでしょう。

ご質問・ご要望があればこちらへお願いします。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

スマホ代を節約するならLINEモバイル

LINEモバイル

そろそろホームページを作りませんか?

スポンサードリンク

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.