不動車・放置車の処理についてアドバイス

車検が切れたまま放置してしまってある車の処理でお困りの方へアドバイスです。

車検が切れたままですと自分で動かすこともできず、かと言ってずっと置いておくのも場所をとって無駄です。

そんな困った状況の方へおすすめなのが、廃車引き取りサービスです。

全国どこでも引取サービスがあり廃車手続きに関しては無料でやってくれます。自分で車を動かすことなく手続きが終わりますのでおすすめです。運が良ければ他社で買い取りを断られた車にも値段がつくかもしれません。

代表的なサービス会社を紹介しておきます。

車検を取り直してまた乗る場合

廃車せずにやっぱりまた乗ろうと思った方へのアドバイスもあります。

車検が切れると自動車税も自動的に止まったりしますが(都道府県によります)、再び継続車検をとって乗ろうとすると車検が切れていた間の自動車税も支払う必要があります。

乗っていなかった間の自動車税を払うのはちょっと嫌でしょうし、長期間放置していた場合はかなりの金額になってしまいます。

そんな場合のときに自動車税を支払わずに登録する方法があります。

廃車してから新規登録

継続車検ではなく、先に廃車してから新規登録をするという方法があります。

継続車検でも、廃車してから新規登録でも車検の法定費用(自賠責保険・重量税・検査印紙など)に関しては変わりません。

印鑑証明書の取得費用(300円)と車庫証明書(約3000円)の費用が新規登録のほうがかかりますが、何年間かの自動車税を支払うよりは
必ず安く済みます。

あとは車検を依頼する業者によっては登録の手数料が若干変わるかもしれませんが、トータルでみれば廃車してから新規登録のほうが安くすむことは間違いありません。

注意事項

唯一の心配点は都道府県によって自動車税の扱いが違う可能性があることです。東京、神奈川であれば「廃車してから新規登録」という方法をとれば車検が切れて放置していた期間の支払いは求められません。

都道府県によってはもしかしたら、その間の自動車税を請求されるかもしれません。請求されたということは私は聞いたことはありませんが、心配な方は各都道府県税事務所へ問い合わせしてみてください。

参考ページ

一時抹消
中古新規 車両持込
中古新規 保適あり
中古新規 予備検査証あり

各ページに必要書類を掲載してますので参考にしてください。