行政書士

ニートのときに行政書士の勉強を始めて人生が逆転しました

私は今は行政書士として仕事をしていますが、恥ずかしながらニートをやっている時期がありました。

そんなに長い期間ではないですが、社会から取り残されている感覚に焦り、今後の人生をどう過ごせばいいのかという不安に身が震えるような毎日でした。

そんな時期に藁にもすがる思いで始めたのが勉強です。

最初は公務員を目指していたのですが、途中から資格に興味が出てきて最終的に行政書士を受験して合格することができました。

今から思えばニートの時期は気持ちさえ前向きに切り替えることができれば勉強するのに一番良い環境だったと思います。

キャリアスタート

ニートでも半年あれば行政書士試験に合格できます

私はニートになってから勉強を始めまして、行政書士の試験までの勉強期間は半年ほどでした。

半年の勉強期間でも一発で合格できたのはニートの最大の武器である勉強量の多さだと思います。

法律系の学部ではない学校でしたので法律を学ぶのは初めてでしたが、ほぼ独学で試験勉強をこなしました。

試験の直前には資格予備校のLECでやっていた『合格答練』という模擬試験プラス回答の解説という講座だけを受けましたがこれがかなり有効でした。

独学ではなかなか手が回らない一般科目のレジュメの出来が素晴らしく的中率が高かったと記憶しています。

ニートでも行政書士講座を受講できる月額980円の通信講座オンスクの紹介今日は通信講座の紹介です。 月額980円から始められるオンライン学習サービスのオンスク.jpです。 私が行政書士の資格取得に...

ニートであることを活かしましょう

ニートであることのメリットは何より余りある時間です。

とにかく何にも縛られていないので食事とトイレ以外の時間を勉強に費やせます。

それでも、1日のうち1時間ぐらいは遊べるぐらいニートは暇でしょう。

適度に遊びながら勉強するなんてニートぐらいしかできない戦略ですよ。

最低限の模試は受けましょう

独学で自信があっても模試を1回は受けておきましょう。

本番と同じ時間配分で緊張感のある雰囲気に慣れておくのが一番の目的です。

また最初のほうでも書きましたが、資格予備校は伊達じゃありません。

かなり量の絞られたコンパクトなレジュメでも的中させる実力があります。

きっと模擬試験に出た分野は本番の試験でもかなりの割合で出題されるでしょう。

安い講座も検討してみましょう

ニートと言っても金銭的に少し余裕のある場合は安くても良いので資格予備校の講座を受講しておくべきです。

独学では、今の方向性であっているのか、やり方は間違ってないか、勉強時間の配分はあっているのかなど不安が尽きません。

ネットで調べても情報が溢れすぎていてかえって混乱する恐れすらあります。

資格予備校なら長年のデータから、間違いの少ない方向性を示してくれます。

不安を感じながら勉強するのと、確信をもって勉強するのでは結果に大きな違いが現れるでしょう。

様々な資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】

自信がついたら他の資格も狙ってみましょう

勉強していくうちに法律の勉強に自信がついてくる場合があります。

行政書士試験の受験を通して自信がついてきたらステップアップする要素があります。

より上位と言われる司法書士や、行政書士とのダブルライセンスに効果的で相性のあう社会保険労務士の資格を狙うのも面白いでしょう。

ニート脱出の一歩目

この記事を読んでくれたということは、現状を少しでも変えたいと思っているのでしょう。

昨日の自分よりは確実に一歩進んだと思います。

さらにここで歩みを止めずに、ほんのちょっとだけ動いてみましょう。

一番ハードルの低い行動かもしれませんが、これも大事な一歩です。

ニート脱出への二歩目

行政書士のことを調べたのが一歩目だとしたら二歩目は資格関連の資料請求から始めてみるのがおすすめです。

行政書士講座の資料請求

資料請求というハードルをクリアできたら無料体験へとすすみましょう。

これもクリアできたら、もうニート脱出へのスタートをきっています。

次のステップは勉強できる環境にすることです。

独学で目指すならテキストを購入しましょう。

確実に合格したいならスクールへ申し込みましょう。

そして机を整理して勉強開始です。

ニート脱出への三歩目

ニート脱出への三歩目として提案したいのは社会へ出ることです。

当たり前ですが、ニートを脱する一番の方法は社会人としてのキャリアをスタートすることです。

そんなことは分かってるけど、簡単に見つかるならもうやってるよ!って言われそうですが、実はあるんです。

若者に特化した転職支援サービスが。

自分一人で社会へ立ち向かうのは大変ですが、誰かが相談に乗ってくれるなら心強いですよね。

履歴書の添削から面接の対策までしてくれるのがキャリアスタートです。

脱ニートへ向けてまずは無料相談をしてみましょう。

無料相談はこちらから

行動することでしか自分を変えることはできません

半年後か1年後かはわかりませんが、動き出したならきっと明るい未来が待っているはずです。

合格してもしなくても継続して勉強できたという自信につながるはずです。

もし不合格だったとしても、間違いなく成長しています。

このまま行政書士を目指すのも良いですし、他の資格を目指すのも良いでしょう。

もし資格試験に合格できなかったとしても、着実に前に進んでいます。

さらに進んで社会人としてのキャリアをスタートするのも良いかもしれません。

勉強を継続していくと自分に少し自信が持てるような時期がきます。

きっと勉強を始める前よりも前向きになっている自分がいると思います。

歩みを止めずに行動し続けることが自分を救うことになります。

ストイックは体に毒です

ここまで熱く語りすぎてしまいましたが、ゲームは1日1時間ぐらいなら良いことにしてしまいましょう。

ストイックすぎるのは体に毒です。

本当に息抜きや気分転換ができないと効率もあがりません。

ニートであることのデメリットとしてはあえて自分で気分転換をしないとずるずると1日がすぎてしまうことです。

メリハリをつけて勉強と遊びを9:1ぐらいの割合でいけるように頑張りましょう。

私は脱ニートに向けて資格試験の勉強をおすすめします。

さらに資格試験の勉強と並行して脱ニートに向けて若者に特化した転職支援サービスを利用するという方法もおすすめです。

キャリアスタート