現役行政書士が車・バイクの手続きをわかりやすく紹介します。現場の経験に基づいた解説をしていきます。

MENU

封印委託 [用語集]

封印委託とは?

封印委託とは封印を車に付けることなく持ち帰って所定の封印場所(自社の店舗や工場など)で管理者が封印をすることです。

通常は陸運局へ車を持ち込んで甲種受託者(ナンバー屋等の国土交通省から委託を受けた団体)の係員のナンバープレートの後面左上に封印をしてもらいます。

種類

封印委託には種類があります。甲乙丙の三種類に加え2017年4月から丁というのも増えました。

『甲種』『乙種』『丙種』『丁種』それぞれが受託者です。例えば甲種受託者などと呼びます。

簡単に説明します。

  1. 甲種…陸運支局内で封印をしています。
  2. 乙種…新車を扱うディーラーなどです。
  3. 丙種…JU(一般社団法人 日本中古自動車販売協会連合会)という団体です。
  4. 丁種…行政書士専用の封印委託です。

2017年の4月から新たに行政書士専用の封印委託制度ができました。
今までは甲種受託者からさらに委託を受けて出張封印という制度のもとで行ってきましたが、今後は行政書士単独で封印委託をできるようになります。

ただ、制度上の手続きとして各都道府県ごとの行政書士会が必要な要件を揃えてから各行政書士が許可を得ることができるようになっているので現状ではまだ始まってないかもしれません。

関連項目
封印
再封印

ご質問・ご要望があればこちらへお願いします。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.