行政書士

私は行政書士資格で人生が好転しました。

人生好転を表現

私は行政書士資格のおかげで人生が大きく好転しました。

いきなり大げさな話になってしまいましたが、私にとっては本当に大きな転機になったのが行政書士資格を見つけて、勉強を始めたことなんです。

人生を救われたと言ってもいいです。

新卒で入った会社を1年で辞めてしまって今後の人生がどうなってしまうのか焦る日々を送っていたところ行政書士資格を見つけてすがりついたのです。

キャリアスタート

ニートから行政書士へジャンプアップ

会社を辞めてからは特に働くこともなく実家でニート状態でした。

公務員の試験を受けても全く受かる気配がありませんでした。

–が、行政書士の勉強をしながら行政書士事務所に就職してからは人生がうまく回り始めました。

  • 行政書士事務所へ就職が決まる
  • 就職後に行政書士試験に合格
  • 順調に給料が上がり結婚
  • 住宅を新築
  • 子供に恵まれ充実した毎日
  • 次期社長の座も視野に入ってきたところ

行政書士の資格取得へ向けて勉強しているなかで、偶然にも今も勤務している行政書士事務所の求人を見つけました。

まだ合格しているかもわからない時期でしたがとりあえず応募してみたところ社長に気に入られて無事に就職が決まりました。

その後は行政書士として正式に行政書士会に登録をして名実ともに行政書士になりました。

人生で初の挫折

人生で初めて挫折を味わったのが新卒で入社した会社を辞めてしまったときです。

新人研修では同期のなかでも目立つほうでしたので評価はしてもらってたと思います。

研修が終わり配属されてから先輩と上司との人間関係がうまくいかず、たったの1年で耐えられなくなり、辞めてしまいました。

次の就職先を決めずに辞めてしまったので、しばらくは実家でお世話になる毎日でした。

そこから公務員試験を受験してみましたが受かるはずもなく目標を見失っていました。

大学を卒業するまでは人生はイージーモードでした

私は大学を卒業するまでは小さな挫折はあるものの、特に浮き沈みのない人生でした。

高校は地域のなかでまあまあのランクに入学しました。

大学も絶対に無理と言われながらも浪人することなくMarchの1つに入学することができました。

就職も面接を受けたのは4社ぐらいしかなかったのですが、無事に内定をもらうことができました。

人生はまあなんとかなるなっていうお気楽人間でした。

唯一ずっと苦しんだのは彼女がなかなかできなかったという点です・・・。

行政書士資格へ向けて勉強開始


公務員の勉強をしている図書館でふと資格を紹介している本がなんとなく目に入ってきました。

それまであまり資格に興味を持っていませんでしたが、世の中にはこんなに資格があふれているのかとビックリした記憶がありあす。

それからパラパラとめくっていくうちに『法律系の入門資格である行政書士』という項目を発見し、入門資格という言葉に魅かれて調べてみることに。

軽く調べただけでなんとなく受かる気がしてきて受験を決めて勉強を開始したのです。

ここから、挫折した私の人生が好転していくことになったのです。

結婚して充実の毎日

家族の写真
人生がうまく回り始めてからは結婚して、家を建てて子供に恵まれて充実した毎日を送っています。

さらに言えば今の事務所の次の社長の座も狙ってたりします。

それなりに仕事を頑張ってきましたし、業務の勉強も人一倍してきました。

ただ、社長にはなれなくてもいいと思ってます。

社長になりたければ独立すればいいだけですし、それだけやっていける自信も知識もあるつもりです。

今は少しぬるま湯につかって、いつかくるであろう決断の時期を待っています。

独立・開業だけがすべてではない

行政書士といえば独立開業みたいな風潮がありますが、雇われ行政書士でも十分に生活していけます。

行政書士として経験を積んでその分野のスペシャリストになれば、一般企業への転職にも役にたつと思います。

私の専門は自動車登録関係なので、もし今の事務所がなくなってしまうようなことがあってもディーラーさんや中古車販売店などに滑り込めると思っています。

独立がいいのか一般企業への転職が良いのかは悩むところですが、いつでも家族を一番に考えたいですね。

行政書士の仕事

行政書士は企業や一般の方と役所をつなぐ仕事だと思っています。

役所への手続きというのはなくなることがないので、いつまでも需要のある仕事として行政書士の業務があると思います。

すべての行政書士が成功するとは言いませんが、行政書士に限らず会社経営というものは成功する人がいれば失敗する人もいるのが世の常です。

まとめ

私は本当に行政書士という資格に救われました。

挫折してニート状態から目標となる行政書士を見つけたことによって立ち直るきっかけとなりました。

もし同じように人生にや仕事で挫折を味わっている方へ言いたいのは何よりもまずは目標を見つけて動いてみよう!ということです。