125CC~250CCまでの名義変更の必要書類(記入申請・管轄変更を伴わない名義変更・住所変更・番号変更) [軽二輪]

記入申請とは

軽二輪は名義変更・住所変更・番号変更のどの場合もどこに印鑑を押すのかというだけで必要な書類はほとんど同じです。ざっくりとまとめてしまうと、届出済証と新使用者の住民票と印鑑と自賠責保険があれば十分でしょう。

番号変更の場合だけは使用者が変わらないので住民票は必要ありません。

2019年7月1日から申請書がOCRシートに変更されました。

申請書の変更に伴って譲渡証明書が必要書類に追加されました。

また、今までは『届出済証記入申請書』に直接押印していたのが、委任状に押印することでも認められるようになりました。

もちろん今まで通り届出済証記入申請書に押印することでもOKです。

軽二輪
軽二輪(車検のないバイク)の申請書と必要書類が7月1日から変わりましたので解説します。軽二輪(車検のないバイク)の申請書が一新されました。 今までは『軽自動車届出済証』というものが普通車でいう車検証の扱いでしたが、今...

記入申請 (管轄変更を伴わない名義変更・住所変更・番号変更)の必要書類

  1. 軽自動車届出済証記入申請書(OCRシート1号様式)
  2. 軽自動車届出済証
  3. 譲渡証明書 (名義が変わる場合)
  4. 使用者の住所を証する書面
  5. 印鑑
  6. 委任状
  7. 自賠責保険
  8. ナンバープレート(番号変更の場合のみ)
  9. 軽自動車税申告書

必要書類等の解説

軽自動車届出済証記入申請書(OCRシート1号様式)

申請内容によって印鑑を押す場所が変わります。記入欄ごとに説明をしていきます。

  • 申請者欄:使用者(変更の場合は新使用者)の氏名及び住所を記入し押印が必要。
  • 所有者欄:所有者(変更の場合は新所有者)の氏名及び住所を記入し押印が必要。所有者が使用者と同じ場合は「使用者に同じ」「使用者の住所に同じ」と記入してもOKです。
  • 旧使用者欄:使用者の変更があった場合に、旧使用者の氏名及び住所を記入し押印が必要。
  • 旧所有者欄:所用者の変更があった場合に、旧所用者の氏名及び住所を記入し押印が必要。
  • 備考欄:車両番号が変更となる場合は旧車両番号を備考欄に記入する。

軽自動車届出済証

新しく交付される軽自動車届出済証は普通車の車検証と同じ用紙になります。

譲渡証明書

名義変更の場合に必要になります。

譲渡証明書⇚印刷して使ってください。

使用者の住所を証する書面

使用者の住所を証する書面にはいくつかあります。

個人の場合

下記書類のいずれか1つが必要です。どの書面もコピーでOKですが必ず発行されてから3ヶ月以内のもの。

  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 大使館又は領事館などで発行されたサイン証明書

法人の場合

  • 商業登記簿謄本又は登記事項証明書
  • 印鑑証明書
  • 公的機関発行の営業証明書または事業証明書
  • 電気・ガス・水道・固定電話の領収証

印鑑

個人の場合は認印、法人の場合は代表者印で登録できます。

自賠責保険

最低でも1ヶ月以上の期間が残っている自賠責保険の証書が必要です。

ナンバープレート(番号変更の場合のみ)

住所変更や名義変更に伴う転入の場合は必要書類が変わりますので気をつけましょう。このページで解説しているのは番号だけを変更する場合についてです。

紛失や盗難によって返納できない場合は、まず警察に届出をしてください。届出をしたうえで、「返納できない旨・届出警察署・届出日・受理番号を記載した理由書」が必要になります。

ナンバー紛失・盗難理由書

注意点

自賠責保険を忘れると登録できないので注意しましょう。