新規届出(新車)[軽二輪]2019年7月改正に対応

新規届出(新車)とは

軽二輪は登録という言葉は使わずに届出と言います。新規届出は新車の最初の届出のことです。車検がありませんので書類だけで手続きが完了します。

新規届出の必要書類

  1. 新規届出書(軽二輪OCRシート1号様式
  2. 軽自動車届出済証記入申請書(軽二輪OCRシート2号様式)
  3. 譲渡証明書
  4. 輸入の事実を証する書面(輸入自動車の場合に限り必要)
  5. 重量税納付書
  6. 使用者の住所を証する書面 コピーでOK
  7. 使用者の委任状 ⇐認印でOK (申請書に認印を押印でもOK)
  8. 所有者の委任状 ⇐認印でOK (申請書に認印を押印でもOK)
  9. 使用の本拠の位置を証するに足りる書面
  10. 事業用自動車連絡書 (自動車運送事業等に使用する場合に限り必要)
  11. 自賠責保険 ⇐提示のみ
  12. 軽自動車税申告書

2019年7月に申請書が変更になりました。主な変更点を解説した記事はこちらを参照してください。

軽二輪
軽二輪(車検のないバイク)の申請書と必要書類が7月1日から変わりましたので解説します。軽二輪(車検のないバイク)の申請書が一新されました。 今までは『軽自動車届出済証』というものが普通車でいう車検証の扱いでしたが、今...

必要書類の解説

必要書類を具体的に解説していきます。

有効期限や原本・写しなど注意する点があるので参考にしてください。

新規届出書

軽二輪OCRシート1号様式を使用します。

軽自動車届出済証記入申請書

軽二輪OCRシート2号様式を使用します。

車両の諸元情報を登録するために使用します。

譲渡証明書

今回の改正で譲渡証明書という文面になりました。

輸入の事実を証する書面(輸入自動車の場合に限り必要)

二輪自動車の通関証明書が輸入の事実を証する書面となります。

>重量税納付書

所定の重量税印紙を貼付したうえで提出します。

使用者の住所を証する書面

個人の場合

下記書類のいずれか1つが必要です。どの書面もコピーでOKですが必ず発行されてから3ヶ月以内のもの。

  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 大使館又は領事館などで発行されたサイン証明書

法人の場合

  • 商業登記簿謄本又は登記事項証明書
  • 印鑑証明書
  • 公的機関発行の営業証明書または事業証明書
  • 電気・ガス・水道・固定電話の領収証

使用者の委任状

2019年の改正から委任状が使えるようになりました。

個人の場合は認印、法人の場合は代表者印で登録できます。

申請書に直接押印する方法なら委任状は用意しなくても大丈夫です。

所有者の委任状

所有者と使用者が異なる場合に必要になります。

個人の場合は認印、法人の場合は代表者印で登録できます。

申請書に直接押印する方法なら委任状は用意しなくても大丈夫です。

自賠責保険

最低でも1ヶ月以上の期間が残っている自賠責保険の証書が必要です。