親子間や夫婦間で車の名義変更をしたいという相談をよく受けます。

親子間・夫婦間であっても名義変更であれば必要書類は通常の名義変更とほとんど変わりません。

唯一違う点は同居していれば車庫証明書を省略できるというところが通常の名義変更との相違点です。

親子間・夫婦間で名義変更する際の注意事項

書類は通常の名義変更と同じですが、注意点がありますので先に紹介します。

取得税がかかる可能性も

たとえ親子間・夫婦間でも車の所有者が変わったら取得税の対象になります。

初度登録からまだ新しい車の場合は名義変更することによって取得税の支払い義務が生じてしまうので無理に名義変更しなくても良いかもしれません。

心配な方は各都道府県税事務所に問い合わせるか自動車取得税検索サービスで調べておきましょう。

車庫証明書が必要になる可能性も

親子や夫婦で同居していれば車庫証明書は不要ですが、ほんのちょっとの住所の表記の違いだけで車庫証明書が必要になる場合があります。

車庫証明書が必要になる場合

  • 同じマンションなんだけど部屋番号が違う場合
  • 同じ敷地内なんだけど、地番が違うという場合
  • 現在は同居しているんだけど、車検証の住所が今と異なる場合

まとめると車検証に記載されている住所と新所有者の印鑑証明書の住所が異なる場合は車庫証明書が必要になります。

必要書類

  1. 車検証
  2. 譲渡証明書(旧所有者の実印が押されているもの)
  3. 印鑑証明書(新所有者・旧所有者)
  4. 実印
  5. 委任状(実印が押されているもの)
  6. 車庫証明書(同居であれば不要)
  7. 手数料納付書
  8. 申請書(OCRシート第1号様式)
  9. 希望番号予約済証(希望番号にしたい方)
  10. 500円の登録印紙
  11. 自動車税・自動車取得税申告書

必要書類等の解説

ここからは箇条書きにした必要書類の詳細を解説していきます。

注意点なども記載してきますので必要に応じて各項目を参考にしてください。

車検証

移転登録(名義変更)する時に車検の有効期間が残っているもの。車検が切れていると移転登録できません。

また、車検証を紛失してしまって過去に再交付したことがある場合は、一番新しい車検証でないと移転登録の手続きができないので注意してください。

譲渡証明書

旧所有者の実印が押されているもの。書式が決まっているので正しいものを使いましょう。

譲渡証明書ダウンロード(PDF)

譲渡証明書記載例

間違えてしまうと訂正するのに旧所有者の訂正印が必要になりますので注意深く記入しましょう。

我々プロの行政書士でも新所有者を記入するときは細心の注意を払って作成します。

印鑑証明書

旧所有者・新所有者双方のものが必要です。発行されてから3ヶ月以内が有効期限になります。

旧所有者に関しては車検証上の名前・住所と一致している必要があります。

もし一致していない場合は同一人物であることを証明するために戸籍謄本や住民票などを集める必要があります。

関連記事

名義変更するのに車検証と印鑑証明書の住所が違うんだけど、どうすればいいの?
車検証の住所と印鑑証明書の住所のつなげかた

実印

本人が手続きを行う場合は申請書(OCRシート第1号様式)に実印を押印する必要があります。代理人が手続きを行う場合は委任状に押印します。

委任状

新所有者・旧所有者が一緒に手続きを行う場合は必要ありませんが、代理人に依頼する場合は手続きに行かない方の委任状が必要になります。新・旧どちらも行かないのであれば双方の委任状が必要になります。必ず実印で押印しましょう。

委任状ダウンロード(PDF)

委任状記載例

車庫証明書(自動車保管場所証明書)

車庫証明書は新所有者が取得して提出する必要があります。発行日から1ヶ月以内が有効期限になります。管轄が警察署になり、申請してから少なくとも中1日はかかりますので事前に用意しておきましょう。

車庫証明書が必要とならないパターンもあります。

詳しくはこちら⇒車庫証明書の取得を省略できるパターン

また、村はそもそも車庫証明書は不要です。

手数料納付書

必要書類をまとめて表紙となるものです。登録印紙を貼ります。これは運輸支局で手に入りますので事前に用意する必要はありません。

申請書(OCRシート第1号様式)

新所有者の名前や住所を記入する用紙です。希望番号があればそれも記入します。これも運輸支局で入手するものなので事前に用意する必要はありません。記入方法の例や見本は運輸支局に用意されているので安心してください。

2017年現在では申請書は無料で配布されるようになりました。
また、国土交通省のWebサイトからダウンロードして印刷したものを使用することもできます。
国土交通省OCR申請書各種

印刷して使用できますが、制限もあります。
かいつまんで説明しますと、「プリンターはレーザープリンターを使用してください」というのと「用紙はA4サイズで白色のもの」というのが主なものですが、家庭用のインクジェットプリンターではこの条件を満たしていないのでご注意ください。

希望番号予約済証

自分の好きな番号を選びたい方は事前に申し込みをしておく必要があります。出来上がるのに申請してから中2日かかりますので前もって申請しておきましょう。申し込みはネットでできます。

希望番号申込サービス

ネットで申請した場合は入金確認後に確定番号と受付番号が記載されているメールが来ますのでそれをメモして持って行きましょう。

2017年11月追記

ナンバープレートの種類で『図柄ナンバー』というのが増えました。

上記画像のようなナンバープレートをつけることができるようになりました。

現段階では通称「ラグビーナンバー」と「オリンピック・パラリンピックナンバー」を選ぶことができます。

詳しくは自動車の図柄ナンバー(ラグビーナンバー)の申し込みが始まりました!
オリンピックナンバーはどうやったらつけられますか?
などを参考にしてください。

500円の登録印紙

移転登録(名義変更)には500円の手数料がかかり登録印紙で支払います。運輸支局の用紙を販売しているところで一緒に購入できます。

自動車税・自動車取得税申告書

移転登録(名義変更)をすると自動車税の納税義務者も変わりますので運輸支局内にあります都道府県税事務所にも申告をする必要があります。

その他

  1. 旧所有者の方が車検証の住所から引っ越している場合は印鑑証明書の住所までのつながりがわかる住民票や戸籍の附票が必要になります。
  2. 旧所有者の方が結婚などで名前が変わっている場合は戸籍謄本をとって名前が変わった理由とともに同一人物であることを証明しなければいけません。
  3. 新所有者になる方が未成年の場合は、親権者の同意書・印鑑証明書・戸籍謄本が必要になります。

同意書ダウンロード(PDF)

自動車税納税証明書

自動車税の滞納がないことを証明してくれる証明書です。車検をとる際に必要になりますので旧所有者の方から新所有者の方へ渡してあげましょう。

また、新所有者になる方が滞納があることを知らないまま車を譲り受けてしまうとトラブルの原因になりますので必ず用意してもらいましょう。

現在では車検を取る際に納税証明書は必須ではなくなり、オンラインで納税確認がされるようになっています。

ただし、自動車税を納めたばかりだとすぐにはオンラインで反映されないので、自動車税を支払ってすぐに車検を受けるときは紙の『納税証明書』を用意して車検場へ行きましょう。

自賠責保険証明書

車を乗るには必ず入っておかなければいけない保険です。移転登録をする際には車と一緒に渡すようにしましょう。

自動車リサイクル券

車を最終的な処分をするときに必要になりますのでなくさないようにしましょう。