新規届出 (中古車) [軽二輪]

新規届出(中古車)とは

廃車してある車両を新規届出して乗れるようにすることです。車検がありませんので書類だけで手続きが完了します。

新規届出の必要書類

  1. 軽自動車届出書(OCRシート1号様式)
  2. 軽自動車届出済証返納済確認書
  3. 譲渡証明書 (新しい届出済証返納確認書の場合)
  4. 軽自動車届出済証返納証明書(重量税用)
  5. 使用者の住所を証する書面
  6. 印鑑
  7. 委任状 (OCRシートに押印できないとき)
  8. 自賠責保険
  9. 軽自動車税申告書

必要書類の解説

軽自動車届出書

緑色の用紙です。印鑑を押印する必要がありますので必ず持参しましょう。

軽自動車届出済証返納済確認書

廃車したときに発行される証明書です。譲渡欄が右下にありますので旧所有者の押印が押してある必要があります。

譲渡証明書

新規届出をすると今までと異なる用紙で交付されるようになります。

普通車の車検証と同じ用紙になります。

新しい用紙になると譲渡欄がついていませんので譲渡証明書を添付するようになります。

譲渡証明書

軽自動車届出済証返納証明書(重量税用)

重量税が納付されていることの証明書です。軽二輪は新車のときに重量税を納めたらそれ以降は支払う必要はありません。ただし、軽自動車届出済証返納証明書を紛失してしまった場合は中古車の新規届出の際に再度納めなければいけませんので紛失には気をつけましょう。

使用者の住所を証する書面

個人の場合

下記書類のいずれか1つが必要です。どの書面もコピーでOKですが必ず発行されてから3ヶ月以内のもの。

  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 大使館又は領事館などで発行されたサイン証明書

法人の場合

  • 商業登記簿謄本又は登記事項証明書
  • 印鑑証明書
  • 公的機関発行の営業証明書または事業証明書
  • 電気・ガス・水道・固定電話の領収証

印鑑

個人の場合は認印、法人の場合は代表者印で登録できます。

委任状

新規届出書(OCRシート1号様式)に押印できない場合は委任状に押印して提出します。

委任状が使えることになるので軽二輪の申請の利便性が上がったとおもいます。

自賠責保険

最低でも1ヶ月以上の期間が残っている自賠責保険の証書が必要です。