車とお金

廃車が無料でできる理由を解説します

廃車が無料の理由

もう乗らなくなった車や、車検が切れていて動かせないような車でも廃車引取業者へ依頼すれば廃車は無料でやってもらえます。

基本的にどんな車も無料で廃車してくれます。

そこにはちゃんとした理由があります。

損をしない仕組みがあるのです。

決して悪いことをしているから無料というわけではありませんので!

むしろお金に換えることができる商材を無料で準備ができるのですから、廃車引取業者にとっては良いことだらけなのです。

廃車が無料でできる理由

無料でさらに場合によっては値段がついて買取りをしてくれるのは、もちろん廃車引き取り業者が儲かるルートがあるからです。

廃車買取カーネクストの場合を例に解説します。

  • 中古車として販売
  • 独自の海外販売網
  • 中古部品の販売網
  • リサイクル(資源)の独自ネットワーク

中古車として販売

状態の良い車は値段をつけて買い取り、中古車として日本国内で販売します。

日本国内で販売できそうな車であれば十分に利益が取れるので無料引き取りではなく買い取りとなって、廃車をしたい方にとっても高値がついて良いことばかりです。

独自の海外販売網

これはカーネクストの例ですが、廃車買取りを専門としている業者はだいたい海外への輸出ルートを持っています。

手続きもシステマチックに行えるような体制が整っていることが多いです。

私が運輸局へ手続きへ行くと輸出抹消輸出の届出を大量に行っている業者がいます。

日本では買い手がつかないような年式や多走行の車でも日本車は海外で十分に価値のある車と認識されます。

買い手がつけば販売ができるので無料で引き取ったとしても海外へ販売して利益がでるのです。

中古部品の販売網

メーカーで部品の保有期間をすぎてしまっていても修理として使うための部品の需要があります。

メーカーで保有していない部品を入手する手段として中古部品の売買ができるようなネットワークがあります。

解体業者などを中心として中古部品の販売経路ができあがっていますので、そのネットワークが利用できるのです。

日本で中古車として販売できず、海外に輸出もできないような車は解体して部品単位で販売できるのです。

リサイクル(資源)の独自ネットワーク

車の状態では国内で販売できず、輸出もできない車は部品として販売するところまでは理解していただいたと思います。

さらに、部品としても販売できない部分は鉄やゴムなどに分別して資源としてリサイクルにまわります。

廃車買取業者はリサイクルに関してもネットワークがあるのでほぼ無駄なく引き取った車をお金に換えることができるのです。



行政書士が紹介するメリット

廃車引取の業者を紹介するメリットが行政書士にもあります。

行政書士の仕事(特に車を専門にしている場合)は車が流通して初めて発生します。

自宅に眠っている車を処分したいという需要を掘り起こしたり、廃車費用がかかると思って放置されている車の処分を促すことによって車の登録業務を増やしたいのです。

正直なところ継続的な事業として行政書士を続けていくには運輸局の門前のベストポジションに事務所を構えるか、大口の法人を顧客として獲得できるかのどちらかです。

行政書士の私がなぜ廃車専門業者や買取業者を紹介するのか。行政書士である私がなぜこのサイトで廃車・買取の業者や一括査定サイトを紹介するのかを合理的な理由で説明します。 私たち行政書士、特に...

おすすめ廃車引取業者

ランキング表
廃車引取業者のおすすめランキングどんな車でも引き取ってくれる心強い業者である廃車引取業者ですが、何もわからない状態からどこに依頼するかを決めるのは難しいですよね。 ...

まとめ

廃車が無料なのは何も車の所有者を喜ばせるためだけに無料なのではありません。

廃車引取業者が少しでもたくさんの車を集めるために考えだしたのが無料引取なのです。

車を集めることができれば、そのまま販売したりオークションに出品したり、部品に分けて販売したり、海外に輸出したりと換金するルートはいくらでもあります。

少しでも安く仕入れをするという商売の基本中の基本を行っているだけなので、廃車を依頼する方は安心してお願いして大丈夫です。

無料の廃車引取は依頼する側も引取る側も嬉しいサービスなのです。

さらに行政書士の仕事が増える可能性もある『win-win-win』の最高の仕組みとなっています。

無料の廃車引取はおすすめです。