運転免許

運転免許証の自主返納の流れと必要書類

免許証返納の流れ

高齢ドライバーの事故が急増しています。

テレビや新聞で報道されているので心当たりのある方は運転免許証の返納を検討しているかもしれませんね。

免許証の返納は長年、車に親しんできた方にとっては苦渋の決断となるでしょうからすぐには行動できないかもしれません。

ですが、運転に不安がある方は、まず周りに与える影響を考えてみましょう。

単独での事故なら自分のケガだけですむかもしれませんが、よっぽど建物が少ないエリア以外では単独の事故であったとしても建造物の損壊などは起こしてしまうでしょう。

さらに、街中であれば周囲の人たちを巻き込んだ形の事故になってしまう可能性があります。

自分の命が危ないだけでなく無関係な人々の命までもが危険にさらされてしまいます。

運転に少しでも不安を感じたなら免許証の返納を検討するべきかもしれませんね。

免許の自主返納とは

免許の自主返納とは、免許をお持ちの方が免許の全部又は一部の取消しを申請することができる制度のことです。

自主返納では一部の免許のみの返納も認められているので、普通自動車の免許は返納するけど原付免許は残すということができます。

全部の免許を返納した場合には、希望すれば『運転経歴証明書』という公的な本人確認書類として使える身分証明書の交付を受けることができます。

運転経歴証明書とは

運転経歴証明書とは、運転免許証と同じ大きさで、免許の申請取消し(全部)を行った日から、過去5年間の運転経歴を証明するものです。

運転経歴は、交付番号の末尾に数字で表示されます。
(例)末尾が1…優良運転者 末尾が2…一般運転者 末尾が3…違反運転者

公的な本人確認書類として金融機関等にも有効なものとして認められています。

免許証の返納の流れ

免許証の自主返納は住所地を管轄する警察署か運転免許センターで手続きすることになります。

自主返納することを決めたら免許証をもって警察署か運転免許センターへ行きましょう。

  1. 運転免許の全部を返納なのか一部を返納なのかを決める
  2. 運転経歴証明書の交付を受けるかを決める
  3. 管轄の警察署か運転免許センターで手続きをする
  4. 必要であれば運転経歴証明書の交付を申請する
代理人による申請もできます。
免許の返納前にやっておくべきこと
免許証の自主返納をする前にやっておくべきこと高齢ドライバーの事故が急増しています。 テレビや新聞で報道されているので心当たりのある方は運転免許証の返納を検討しているかもしれま...

免許証返納をする際に必要な書類

  • 現有運転免許証
  • 運転免許取消・一部取消申請書(申請用紙は運転免許センター・警察署にあります。)
  • 記載事項の変更を同時に行う場合は、変更を証明する書類が必要となります。
  • 免許の一部返納や他の免許の申出には手数料が必要です。(約2,000円)

運転経歴証明書の交付を受ける際の必要書類

  • 運転経歴証明書交付申請書 (申請用紙は運転免許センター、警察署にあります。)
  • 申請用写真 1枚(運転免許センターで手続する場合は不要です。)
    タテ3.0センチメートル×ヨコ2.4センチメートル
    申請前6ヶ月以内に撮影
    無帽、正面、上三分身、無背景
  • 手数料

代理人による申請

免許の自主返納は代理人による申請も認められています。

  • 運転免許取消・一部取消申請書、委任状、確認書
    (申請書及び委任状、確認書は運転免許センター及び警察署にあります。)
  • 返納する方の運転免許証
  • 代理人の方の身分証明書(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等)
  • 運転経歴証明書を同時に申請する方は、申請する方の写真と手数料が必要となります。
    (申請用写真と手数料については、上記と同様です。)
  • 記載事項の変更を行う場合は、変更を証明する書類が必要となります

以前に自主返納をした方は、申請した日から5年以内であれば、運転経歴証明書を申請することができます。

免許証の自主返納をできない場合

免許証の自主返納をできない方もいます。

  • 免許取消や免許停止などの行政処分の対象者である場合
  • 初心運転者講習の対象者である場合