出張封印(行政書士による) [用語集]

出張封印とは?

通常は陸運局へ自動車を持ち込んで封印をしてもらう必要があるものを、自宅や会社の駐車場などで封印をすることができるようにした制度です。

出張封印できるのは正式な委託を受けた行政書士だけです。

自動車販売店が販売したような車は出張封印の対象外になってしまうのですが、ユーザー間の個人売買や事業用自動車の配置転換の際には利用できます。

特に複数台所有しているような運送会社の配置転換のときなどは有用でしょう。

あと、個人の方の引っ越しに伴う管轄変更の際も活用できます。

出張封印ができる場合

行政書士の出張封印には少し制限が設けられています。この少しがかなり邪魔なんですが今のところは改善される見込みはありません。

出張封印ができる場合

  • 個人売買や相続による名義変更の登録に伴ってナンバーが変わる場合
  • 引っ越しによる住所変更の登録に伴ってナンバーが変わる場合
  • 営業所間の配置換え等、使用の本拠の位置の変更の登録に伴ってナンバーが変わる場合
  • ご当地ナンバーへの番号変更登録に伴って番号が変わる場合
  • ラグビーナンバーへの交換(今のところは推測ですが恐らくできるでしょう)

出張封印ができない場合

  • 自動車販売店が販売のために仕入れたような場合
  • 自動車販売店が直接ユーザーに販売した場合
  • 新規登録は無条件に出張封印できません

そもそも封印とは…

普通自動車には封印という制度があります。

後ろのナンバープレートの左上についているフタのようなものです。

この封印によって建前上は『自動車と車検証、ナンバープレートの三者の同一性を担保し、所有権の公証制度を守ると共に、交通違反や犯罪の防止と捜査に貢献しています。』となっていて立派な制度です。
ただ、本当に必要かどうかは疑問がありますが…。