行政書士(ぎょうせいしょし)とは、行政書士法に基づき、官公署(省庁、都道府県、市町村、警察署、保健所その他の行政機関等)に提出する書類及び権利義務・事実証明に関する書類(契約書、議事録、会計帳簿、図面類等)の作成、提出手続きの代理、作成に伴う相談に応ずることなどを業とする日本国の国家資格者(隣接法律専門職)。
『Wikipediaより』

行政書士と一言で言っても様々な業種の様々な書類を作成しています。それぞれが専門の分野を持ち事務所を運営していると思います。

私は自動車の登録業務を専門としてやっているので他の業種のことはさっぱり分かりません。建築関係だったり、法人設立だったり風営法関係の業務を行っている事務所など様々です。

しかしながら必ず『行政書士』の資格を持って行っています。資格がないのに報酬をもらって業務を行うことは行政書士法によって禁じられているので、どんなに知識があってもまずは資格を取得することから始めなければいけません。

私ももちろん行政書士の資格を取得した上で業務を行っています。

今後、行政書士の資格に興味を持って、資格の取得を目指そうという方のために少しアドバイスを送りたいと思います。

行政書士は独学で取得できる?

行政書士は国家資格としてはかなり難易度が低いほうだと思いますので独学でも合格できると思います。

私も勉強の段階では自分で参考書を購入して独学で進めていました。

ただ、試験を前にして模擬試験だけは受けておこうと思い、模擬試験式短期講座のようなものを受けてから本番の試験に望みました。

結果としては講座を受けておいてよかったと思います。全部で6回の短期講座だったのですが、模擬試験を受けたあとに詳細な解説と予想問題の小冊子をもらいかなり約にたちました。

勉強期間はどれぐらい?

私は約半年の勉強期間でした。そして1発合格することができました。昼間も勉強できる環境だったのもありますが自分でも頑張ったと思います。

昼間に時間が取れなくても毎日勉強を続けられるなら10ヶ月ほどの時間をかければ合格できる試験だと思います。

おすすめの教材は?

私が使ったのは資格学校のLECが発行している出る順行政書士合格基本書出る順行政書士 ウォーク問過去問題集です。

基本テキストで理解して問題集を繰り返しやって解説までしっかり理解できるようになるまでやれば大丈夫です。いろんな教材に手をださずに同じものを繰り返しましょう。

合わせて平成26年対応版 行政書士受験六法を使って条文にも慣れるようにしておきましょう。

勉強方法は?

私はテキストの基本書を繰り返し読んで、問題集を解くという極めてオーソドックな勉強法でした。

苦手な法律に関しては条文をノートに書き写したりして理解を深めるようにしました。

法律の試験なのでやはり基本は条文と判例です。テキストを読んで理解してからでも良いので必ず条文には慣れるようにしておきましょう。

おすすめの講座は?

資格学校についてはあまり詳しくないのですが、私が受講したのはLECの解説付き模擬試験全6回の講座でした。

解説はビデオを見るような形式でしたが傾向と対策などの小冊子や予想される時事問題などの冊子をもらえたのでとても助かりました。

独学でも良いですが模擬試験ぐらいは受験しておくと良いでしょう。

最後に

資格取得はゴールではなく始まりですので忘れないようにしましょう。資格を取ったからといって仕事がすぐにできるようになるわけではなくそれぞれの分野での勉強が必要になるので、合格後も勉強が必要なのは忘れないでいてください。

行政書士は勉強すれば必ず合格できます。

諦めずに頑張ってください。