車とお金

廃車をするなら早く手続きをしないと損ですよ。

車を廃車すると決めたならなるべく早く手続きをしましょう。

廃車をするといろいろなお金が戻ってくるのはすでに解説しました。

廃車で税金を取り戻そう
廃車をすると税金が戻るって知ってましたか? お得な車の処分方法を解説車を乗るにはたくさんの税金を払ってますよね? 新車や年式の新しい車を購入したら取得税がかかります。 次に毎年5月にやってくる...

ただこの戻ってくるお金は時間がたつと減っていってしまいます。

廃車をすると戻ってくるお金

  • 自動車税
  • 重量税 (解体して永久抹消した場合)
  • 自賠責保険

廃車をする自動車税・重量税(解体した場合)・自賠責保険の3種類が戻ってきます。

この3種類のすべてが時間とともに戻ってくるお金が減っていきます。

自動車税

自動車税は年に一度、5月に納税通知書がきて納付します。

人によっては口座振替にしていたりカード払いだったりもします。

廃車をして戻ってくるのは、廃車した月から次の4月までの残りの月数が戻ってくる仕組みなので、廃車をすると決めても実際に運輸支局へ廃車の手続きをしない限り徐々に戻ってくる金額が減っていきます。

もし、廃車をすると決めたなら早く動いたほうがよいです。

重量税

重量税は車検をとるには必ず納めなければいけない税金です。

重量税が戻ってくる条件は車を解体して永久抹消登録解体の届出の手続きをすることです。

重量税の戻ってくる金額は永久抹消(解体の届出)をした日の翌日を起算日として車検の残月数分が還付される仕組みになっています。

ですので、重量税も廃車をすると決めたなら早く動いたほうがよいのは間違いありません。

自賠責保険

自賠責保険の保険料は廃車をすると戻してもらうことができます。

戻ってくる金額は重量税と同じ考え方で廃車をした月以降の保険加入期間分の保険料が戻ってくる仕組みになっています。

上の二つと違うのは自賠責保険を戻してもらうには保険屋さんへ申請します。

自賠責保険も契約期間の残日数分が戻ってくるので早ければ早いほど多く戻ってきます。

重量税だけは減るのを止められます

ここまで早く手続きをしないと金額が減っていくことをお伝えしましたが、重量税だけは減るのを止めることができます。

重量税はリサイクルシステムの流れのなかの『引き取り通知』か、一時抹消をした日のどちらか早いほうから起算して還付されることになっています。

なので、車の解体が終わっていなくてもとりあえず一時抹消を先にしておけば還付される金額の減少を止めることができます。

戻ってくるお金がなくなってしまったら・・・

廃車をしてもお金が戻ってこない状況になってしまったら、少しでも高く売れるように頑張ってみましょう。

廃車をするにしても、買取りに出すにしてもまずは査定をしてもらいましょう。

相場を知るのにおすすめはUcarPAC(ユーカーパック)です。

Webだけでおおまかな査定額を知ることができます。

金額に納得できればそのまま買取りにだすこともできます。

あなたの愛車は今いくら?UcarPACが1分でカンタン相場チェック



廃車として引取を依頼するなら『ハイシャル』がおすすめです。

ランキング表
廃車引取業者のおすすめランキングどんな車でも引き取ってくれる心強い業者である廃車引取業者ですが、何もわからない状態からどこに依頼するかを決めるのは難しいですよね。 ...

廃車の基本は『決めたら迅速に手続き』です

廃車にすることを決めたらすぐに行動しましょう。

特に理由もなく放置しておくとどんどんと戻ってくるお金が減っていきます。

早く廃車手続きをすればまず税金関係が戻ってきます。

さらに廃車引取業者や買取業者に査定を依頼してみると思わぬ高額を提示されるかもしれません。

査定の依頼は無料なので試しに聞いてみましょう。

何もせずにただ廃車をしたのでは損をする可能性が大です。

廃車引取業者のランキングに入っている業者はレッカーによる車の引取や、運輸支局への手続きも全て無料でやってくれます。

もし車が値段のつかないような状態で、普通に買取を依頼したら引取手数料を取られるような状態の車でも廃車引取業者は無料で引き取ってくれます。

依頼をすればもうこちらがお金を支払うことはありませんので安心して任せちゃってください。

自分で廃車をするのが面倒だったら廃車業者へ依頼しましょう

結局、自分で運輸支局へ行って廃車の手続きをするのは面倒です。

最初はやる気があってもだんだんと面倒くさくなってくるのが人間です。

無理をせずに廃車引取業者へお願いしちゃいましょう。